【Apple Watch】バッテリー

■Apple Watchのバッテリー

Apple Watchを毎日利用していますので、バッテリーについて書きます。

結論からいうと筆者の場合2日間は問題ない。2日間の延べ装着時間は24時間~30時間となり、2日間利用後のバッテリー残量は計算上20%くらいとなる。

Apple Watch SS

詳細はつぎの通り

 

 

●先ずは平日の生活サイクル。ちなみに仕事は内勤である。

  • 朝7時ころ充電器から取り外し腕に装着し移動開始。
  • 帰宅時間午後7時~10時。家に到着したらApple Watchを外す。よって装着時間は12時間~15時間。
  • 就寝時間午前1時~2時頃に充電器に載せる。

Apple WatchではVIPに登録したメールの通知や電話の着信通知。電車の待ち時間確認。天気予報確認。アクティビティからの通知と内容確認。Apple Watch触った事ない人へのデモンストレーション。さらに当然ながら時間の確認。その他ファイナンス関係のアプリ弄る程度だろうか。

平日ということもあり仕事中であることが多いため、積極的にApple Watchを弄って遊ぶわけではないので、Apple Watchの利用は受け身(通知きたらなんかする)となっている。その為、メールの送受信は基本的にiPhoneやパソコンであり、一日に数通Apple Watchから返信をしたり、実験的に音声入力でメッセージを作成し送信したりする事程度。

ということで、思ったよりもバッテリーもつんじゃないかな。ただし充電しないで就寝する場合に省電力モードにしておくとよい感じ。朝起きたら省電力モードから抜ける。
外勤であったり学生だったりしたらまただいぶ違うのだろうけど、一般的な内勤職の場合バッテリーについてひやひやすることはないかもしれない。精神衛生上の安定を求めるなら会社用に充電器買っておくといいと思う。

AmazonでApple Watch用充電スタンドがいっぱいあるので、こういうのを会社のデスク置いたらスマートかなと思う。ひとつ欲しいとは思うんだけども・・・。

Apple Watchの充電器はマグネットの力でApple Watchの裏側にぺったりとくっつくのだが、使いやすいか?といわれると微妙な感じ。そして充電器のマグネットの力はそんなにつよくないので、充電箇所が高い場所のスタンドはちょっと落ちそうで怖いかな・・

というわけで、

新製品のレビューともなれば使い倒す的で酷使してレビューするのが多いが、Apple Watchは常に使い込むようなものだろうか?

毎日身に着けるアイテムの場合は日常に溶け込んだ状態で利用して実際どうなのか?ということがレビューとして大事だと思う。例えとして良いかわからないが、市販車をサーキットで酷使してここがわるいだなんだとレビューされても、普通そんな使い方しないのでなんの参考にもならないのである。(でもトップギアは好きだ!)

結論:内勤職で勤務後、意識高い系の皇居ランニングすることもなく自宅直行組にはバッテリーのもちは十分である